教育・研修・資格取得サポート制度

教育・研修

新入職員基礎研修

新入職員基礎研修の様子

  • 毎年4月に新入職員を迎えるにあたって、甲有会研修センターにて知識、技術、行動、気づく心などに大別した集合研修を行っています。 社会人としての姿勢やマナー、法人の理念、就業規則といった一般教育はもちろんのこと、専門職として身につけるべきプログラムを1週間にわたって受講していきます。
  • この研修では、単に知識を詰め込むだけではなく、何が問題かを見抜く力、それを解決するための方策を構築し、実行していく力をつけることを目的としています。 そしてそのためには、自ら学ぶ姿勢を持ち続けることが必要であることも教えていきます。

知識がどれだけあっても、実践につながらなければそれは宝の持ち腐れに終わってしまいます。「知っている」ではなく「している」へ、やり抜くために、できるようにするためにはどういう教育が効果的かという視点で、研修を企画・立案しています。

こうした研修を通じて、EBC(エビデンス・ベースド・ケア)※ができるモチベーションの高い組織作りを目指しています。
※EBC:成果の出るケアの一つ一つには根拠があり、その為のケア手法を確立していく

主なテーマ
  • ・ 社是、経営理念、基本方針
  • ・ 就業規則、勤怠管理
  • ・ 高齢者の基礎医学
  • ・ 認知症ケア(正しい理解)
  • ・ ICF(国際生活機能分類)の視点を
    活かしたケアプラン
  • ・ 介護技術について(腰痛対策含む)
  • ・ 介護保険制度について
  • ・ 高齢者虐待と身体拘束について(人権尊重)
  • ・ 緊急時の対応・訓練
  • ・ 感染症発生動向と施設の危機管理について
  • ・ 自立支援のシステム
    (高齢者のリハビリテーションケア)
  • ・ なぜパワーリハビリが高齢者(認知症含む)に有効か
  • ・ パワーリハビリの使用方法について
  • ・ リスクマネジメントの取組みと記録・報告方法について
  • ・ 個人情報保護法について(記録の書き方含む)
  • ・ 接遇、社会人としてのマナー
  • ・ 介護記録の書き方

事業所別研修

  • ・ 事故防止、リスクマネジメント
  • ・ 高齢者虐待防止と身体拘束廃止推進 
  • ・ 感染症、食中毒予防 
  • ・ 褥瘡対策 
  • ・ 看取りに関する研修
  • ・ 人権・権利擁護
  • ・ 組織マネジメント
  • ・ 環境調整
  • ・ ストレスマネジメント
  • ・ 基本的介護技術
  • ・ 接遇
  • ・ コミュニケーション
  • ・ ケアマネジメント(アセスメント・ケアプラン含む)
  • ・ 防火訓練 
  • ・ 認知症ケア
  • ・ 安全運転研修
  • ・ 緊急時の対応・訓練
  • ・ 記録の書き方

※は法定研修

外部研修会への参加

管理者研修

各種発表会の開催

症例発表会

  • 各施設において、毎年テーマを決めて事例発表会を行っています。 そして、発表コンテストを行い、全施設の中から優秀な発表を行った施設を選抜し、毎年全国レベルで行われる研究会やセミナーでの発表を行っています。(例:気づきを築く全国ユニットケア実践者セミナー)
  • また、リハビリ職員による法人全体での症例発表会も行われ、各施設のリハビリ職員が一同に会して、症例の発表を行います。 発表に対しては、核心をついた質問や、自身の経験を踏まえた提案など、非常に活発な討議がなされます。日ごろ、接する機会の少ない他施設の職員との交流により、得るものの多い発表会となっています。

元気塾(リーダー養成講座)

資格取得サポート

介護福祉士国家試験受験対策・資格取得奨励金

甲有会ライセンスサポート制度

ページの先頭へ